仏壇仏具と仏壇店のことを仏事コーディネーターがわかりやすく解説しています。
仏壇がよくわかる

開眼法要、買い替え、処分

  • 開眼法要と処分

開眼法要、買い替え、処分

開眼法要

新しく仏壇を購入したときは、本尊、位牌に魂を入れてもらう開眼法要(かいげんほうよう)をしてもらいます。 本尊、位牌をまつり、必要な仏具もすべて飾り終えたあと、菩提寺の住職に来ていただき、魂入れの儀式をお願いします。 この法要によって単なる物に過ぎなかった仏像などが、尊い仏になるわけです。 この儀式は「仏壇開き」「入魂式」「性根入れ」「入仏式」「お移し」などとも呼ばれます。 最近は四十九日の法要で魂入れをすることが多くなっています。 お寺で法要を営むのであれば、本尊と位牌を持参して魂入れをお願いし、帰宅後、仏壇に安置します。

仏壇の買い替え

仏壇を新しく買い替えたとき、本尊や位牌を新しくつくりかえたときも、住職に魂を入れ替えてもらう必要があります。 そして古い本尊や位牌は菩提寺に納めて「お焚き上げ」をしてもらいます。 古い仏壇は新しい仏壇が配達されたときに、買い求めた仏壇店に引き取ってもらい、お焚き上げ供養処分してもらいます。 仏壇の引き出しに大切な物が残っていないように注意しましょう。

仏壇の処分

お客様から「古い仏壇を処分したいのですが、どうしたらよいのでしょうか」という質問を受けることがあります。 最近はひとりっ子が増えていますので、長男・長女の結婚があたりまえになっています。 どちらかの家の両親がなくなると、家や家財道具の処分をすることになるのですが、仏壇をどのように処分したらよいのか、と相談されるのです。 古い仏壇は粗大ごみに出すものではありません。 以前は、古い仏壇は菩提寺で「お焚き上げ」をしてもらうのがほとんどでした。 しかし最近は、防災や環境問題でお焚き上げできないお寺も増えてきました。そのときは仏壇店に依頼して供養処分してもらいます。 お焚き上げ供養処分料や引取り料が必要になります。 仏壇の引き出しに大切な物が残っていないように注意しましょう。

古い仏壇の供養処分


古い仏壇の供養処分・引取りの依頼方法
お仏壇選びの秘訣

初めてお仏壇を購入する方のために、分かりやすく解説した小冊子「お仏壇選びの秘訣」を無料で進呈します。(関東地区の方限定です)

仏壇仏具の通信販売

仏壇仏具がご自宅で購入できる、便利なネットショップです。ぜひ一度は見に来てください。